家族葬でお見送りをしたい。無駄を省いてゆっくりとお別れをしたい。費用はできる限りおさえたい。お葬式のことはわからないけど、公共斎場で葬儀をすることが出来ると聞いた。どうすれば公共斎場で葬儀ができるのか知りたい。大阪 阿倍野にある総合葬儀式場のやすらぎ天空館で葬儀をお考えならやすらぎ天空館をご覧下さい。

納骨|埋葬許可証が必要

遺骨を菩提寺の墓や霊園の墓に納めるこ とを「納骨」という。
それが、同時に「埋葬」になるわけだ。
全国的にみると、約半数が、火葬して骨あげをしたら、墓地に直行して納骨している。
都市部では三十五日か四十九日の法要、または百か日の法要のときに納骨するととが多い。
墓地の用意がなかったり、あるいは遠方の菩提寺に納めたいが、すぐには行けないというような場合には、遺骨を、寺院や霊園の納骨堂に一時的に納めるととがある。
とれを「仮納骨」または「預骨」という。
納骨して埋葬を完了するためには、市町村役場が発行する「埋葬許可証」と認め印が必要である。
埋葬許可証は墓地の管理者に預けるのがふつうだ。
納骨のしかたは、まず墓域をきれいにし、墓前に香炉や燭台、槽や花、故人の好物などを供える。
準備が整ったら埋骨式を行う。
一般にはつぎのとおりである。

①墓の石ぶたを取り除く(ふつうは石材屋さんがしてくれる)

②喪主の手で納骨室(カロート)に安置する

③石ぶたを閉じるぞとうげ

④墓石の背後に卒塔婆を立てる

⑤僧侶の読経@焼香埋葬する場合、陶器製の骨壷をそのまま納骨室に納める場合と、骨査から遺骨をいったん出して、戒名を書いた白い布に包んで納骨する場合とがある。
墓石のないときは、墓域内に埋骨し、白木の「角培婆」(木製の墓標)を立てるとともある。

開眼供養|新しい墓にはじめて行う供養

新しい墓を建てたときには、「開眼供養」をする。
「魂入れ」「性根入れ」ともいう。
ふつうは年回思法要と併せて営むととが多い。
開眼供養を行うときには、つぎのような仏具を用意する。
①小机(白布でおおって、打数をかける)

②燭台二基〈ローソク末)

③香炉

④抹香あるいは線香
りん
⑤鈴
⑥供物(くだもの、菓子など)
⑦洗い米と塩
⑧新しい筆

法要は、一般にはつぎのように行われる。

①祭壇に仏具を安置する
②花立てに棺か四季の花を飾る
③供物をそなえる
④僧侶の読経
⑤焼香、合掌して礼拝

地方によっては墓に白い晒を巻いておき、それを施主が取り除く儀式を行うとともある。
宗派によっては、開眼供養のときに塔婆を立てて供養することもある。
ととろで、本人が生前に墓を建てるとともよく行われており、その墓は「吉野陵」「寿蔵」などとよばれている。
との場合の開眼供養はお祝いどとになる。
読経をお願いする僧侶には、紅白ののし袋に「お布施」と表書きをする。
招かれた人が施主にさし出すお金には「祝建墓」と表書きをする。

合祀

一つの墓に、複数の故人をいっしょにまつることを「合間」、正確には「一基合間」という。
昔は、墓石というのは一基一霊が原則で、死者が出るたびにつくるものであった。
最近では墓地が不足しており、墓石も高価なために、家族の遺骨をいっしょに納める一基合間がふつうになっている。
合間墓の墓石の正面に彫る文字は「OO家之墓」「OO家先祖代々之墓」「OO家先祖累代之墓」といったものが多い。
また「南無妙法蓮華経」「南無阿弥陀仏」「南無釈迦牟尼仏」といった題目や名号などを彫ったり、「倶会一処」というような経典の句を彫ることもある。
「倶会一処」というのは『阿弥陀経』にあるととばで、死後はみな阿弥陀仏の浄土で出会うという意味である。
合問の場合、故人の戒名(法名)、俗名、死亡した年月日などは、墓石の裏面や側面に彫ったり、墓誌に刻む。

比翼塚|夫婦いっしょに納まる墓

どうしめおとばか合記墓の一つに「比翼塚」といわれる墓がある。
「夫婦墓」ともいわれ、夫婦で一基の墓に納まるものである。
夫婦の一方が死亡したとき、配偶者もいっしょに戒名(法名)を刻んでおき、その部分を朱で赤く塗っておく。
そして、本人が死亡したとき、朱色を落とし、もとに戻すか黒色に塗りかえるととも行われている。

分骨|遺骨を分けて埋葬する

お墓の心としきたり遺骨を分割してこか所以上のととろに納骨するととを「分骨」という。
わが国では、遺骨の一部を本山の納骨室に納めるならわしもあって、分骨というととが行われる。
分骨の始まりは、釈尊が亡くなったときに由来する。
前述のように、釈尊の遺骨は、当時仏教のさかんだったインドの八つの固に分かち与えられ、それぞれ仏舎利塔を築いて供養したという。
それが、のちにつぎつぎと分骨され、いまでは日本でも数か所で仏舎利がまつられている。
日本では従来、分骨をすると故人の霊が宙に迷うなどといって、いましめていたこともあるが、釈尊の事例からいっても、まったくの迷信である。
ただ、現在、衛生管理の点から、遺骨は一か所に埋葬されるζ とを前提に、一枚の「埋葬許可証」が発行され、葬る場所を明示しなければならないことに・なっている。
分骨する場合には、改めてもう一通、埋葬許可証が必要で、遺族関係者をはじめ埋葬地管理人の立ち会いのもとに行わ・なければならないととになっている。
最近では有名人の遺骨が盗まれるといった事件が起とっているが、とれは明らかに犯罪と、なる。
なお、次男、三男の人が、新しい墓を建て、どうしても本家の祖先のまつられている墓からの分骨を希望する場合は、遺骨を分けるのではなく、先祖がまつられている墓域の土砂を集めて、それを新墓地に入れるという方法も取られている。とれだと、誰の許可も必要ない。

改葬|墓を移転する時は手続きが必要

お墓を移転するととを「改葬」という。
改葬は、つぎのような手順で行う。
①現在、墓のある墓提寺の僧侶に、事情を説明して相談する

②新しい墓地を用意する

③役所で改葬の手続きをする

④古い墓の「お魂抜き」の法要を営む

⑤新しい墓の「開眼供養」を行う

ふつう菩提寺には、お世話になったお礼として、「志」を納めているようだ。
改葬に必要な法的手続きをもう少し詳しく説明するとつぎのようになる。
①「埋葬証明書」(その墓地に確かに埋葬されているととを証明する書類)をもらう。
寺有墓地の場合は寺院の僧侶に、共同墓地などの公営墓地・ならば、その墓地を管理する市区町村役場、あるいは管理事務所に交付を申し出る。
所定の用紙に故人の死亡年月日、戒名・法名、および葬犠と埋葬の事実を記入してもらう。

②「埋葬許可証明書」(新しい墓地の受け入れ承諾書)をもらう。
墓地の管理事務所で発行してくれる。

③「改葬許可証」の交付を受ける。

①と②の書類を、改葬前の墓地のある市区町村役場の戸籍諜あるいは市民課に提出すると交付を受けられる(印鑑が必要)改葬のときには、宗教的に「お魂抜き」をする。
それが終わった墓は無縁墓としてまとめられるか、しかるべき場所に廃棄される。
遺骨の移し方も、いろいろある。

①墓石と遺骨を全部移動する。

②墓石は移さず、遺骨だけを移す。
残された墓石は無縁墓として一か所にまとめられるか、処分される。
との場合は「改葬許可証」は必要ない

永代供養

後継ぎがいないとか海外に移住するとかの事情で、先祖の供養ができなくなった場合、菩提寺に相当額のお布施をして、施主がい・なくても法要を定期的に営んでもらうようにするζ とを、「永代供養」とか「永代経」という。
との永代供養を菩提寺で引き受けた場合には、お寺のほうで、故人の命日とかお盆やお彼岸にはお経をあげたり、新しく卒塔婆をつくってくれるととになっている。

しかし、最近では、お寺の側で「永代供養」を受け付け・ないところが、少なからずある。
それというのも、年々物価も上がっていくし、毎年のように卒塔婆を立てる経費もかさみ、供養をするにしても、永久にというのは現状にそぐわ・なくなっているからのようだ。
なお、寺院で檀信徒の先祖の位牌を一か所に洞つである位牌堂のととを「桐堂」という。
位牌堂で忌日どとに読諦するお経のととを「嗣堂経」という。
それに対する供養料が「嗣堂金」で、それぞれの宗派の本山などでも受け付けている。

永代供養

無縁墓

誰も供養する人のい・なくなった基を「無縁墓」とか「無縁塚」「義塚」などという。
昔から、怪談などの物語の舞台になるのがとの無縁墓である。
人をうらみ、ひたすら供養してもらうことを待っている霊が宿ると考えられてきた。
そとで、そうした無縁墓を供養する行事がお盆や地蔵盆に各地で行われている。
それを「万霊供養」というが、とくに京都の化野念仏寺で行われる「万灯供養」は有名である。
無縁墓は昔物語ではなく、現代においても増えている。
とくに霊園などでは、無縁墓が年々増加しているという。
縁のある人が存在していても、その墓を守らないというととが起こっているようだ。
無縁墓とみ、なされる条件は、それぞれの墓地管理規則で決められている。
たとえば三年以上、誰も墓参りに来ないとか、管理料を払わないとかである。
ただし、それに違反しても、墓の継承者に連絡もせず、公告もしないで、墓地管理者が勝手に無縁墓とするこ とはない。

逆修墓

お墓を建てる時期に、特別の決まりはない。
生前中に、墓を建てることも古くから行われている。
とれを「逆修墓」といっている。
別に「寿塚」「寿陵」「寿墓」「寿蔵」ともよび、たいへん喜ばしいとされている。
『聖徳太子伝麿』には、聖徳太子が推古天皇二十六年(六一八)に、みずから墓所を築いたととが記されている。
後世になって、生前に自分の墓を建てるととは果報を招くものとして大流行した。
現在は、墓地不足、墓石の値段の暴騰などの影響もあって、いまのうちに墓地を確保しておζうという人が、増える傾向にあるようだ。
ただ、一般には、生きているうちに墓をつくるのは縁起が悪いと考えている人も多いので、たとえば、親の墓を息子が、親の生存中に建てたりすると、とんでもない誤解を受けるとともあるので、要注意である。

 

家族葬でお見送りをしたい。無駄を省いてゆっくりとお別れをしたい。費用はできる限りおさえたい。お葬式のことはわからないけど、公共斎場で葬儀をすることが出来ると聞いた。どうすれば公共斎場で葬儀ができるのか知りたい。大阪 阿倍野にある総合葬儀式場のやすらぎ天空館で葬儀をお考えならやすらぎ天空館をご覧下さい。