家族葬でお見送りをしたい。無駄を省いてゆっくりとお別れをしたい。費用はできる限りおさえたい。お葬式のことはわからないけど、公共斎場で葬儀をすることが出来ると聞いた。どうすれば公共斎場で葬儀ができるのか知りたい。大阪 阿倍野にある総合葬儀式場のやすらぎ天空館で葬儀をお考えならやすらぎ天空館をご覧下さい。

遺骨を収納する蓋のことを「骨壷」という。
骨董には、死者の戒名(法名)、俗名、死亡年月日、死亡時の年齢などを書き込むのがふつうだ。
あすかすえきはじき骨査の歴史は古く、飛鳥時代から、すでに使われていたという。
材質は、須恵器、土師器、木製、銅または金銅製のものなど。
形は童形、椀形、植形などさまざまな形態のものがある。
土を材料とした素焼製の土師系統のもの、また須恵器のものは、火葬骨査としてもっとも広く用いられ、各地で採用されて、現在にも及んでいる。

卒塔婆|墓のうしろに立てる供養の板

塔浄土真宗以外は、「卒塔婆」を立てて埋葬時や年思法要、お盆、お彼岸などに供養するという習わしが一般に行われている。

卒塔婆
サンスクリット語のグストゥーパdを音訳したもので、もともとはインドで土鰻頭型に盛り上。

墓の心としきたりげた墓のととであった。
それが、しだいに「仏舎利」(釈尊の遺骨)をまつる「塔」を意味するようになった。
釈尊の遺骨は最初八等分され、インド各地の八基の仏塔に安置された。
その後、紀元前三世紀のなかごろ、マウリヤ王朝のアショlカ王が仏塔から舎利を取り出し、八万四千に分骨して新たに仏塔を造ったという。
在家の仏教信者は、乙の仏塔を釈尊自身として礼拝するようになり、そとから大乗仏教が興起したともいわれる。
したがって、もともと大乗仏教では、「塔」に対する信仰がひじように強い。
その後、中国、朝鮮、日本・などにも、仏塔信仰が伝わり、それぞれ独自の様式の塔が造られるようになった。
日本では、楼閣に擬して優雅な五重の塔などがつくられた。
とうぽついぜん一般には「卒塔婆」は「塔婆」と略してよばれ、法事のときなどに、故人の追善のために立てる長い木の板をさして使われている。
ζ れは、「板塔婆」といわれるもので、本来は本物の塔を建てて仏を供養するととろを、かんたんな木の板を塔にみたてて、その代わりとするものだという。
仏塔信仰が日本的に変容したものだといえよう。
板塔婆をよく見ると上部に、刻み目が入っている。
ζ れは五輪塔に擬したものだ。
仏教では、あらゆる存在は「空、風、火、水、地」の五つの要素(五大という)が、かりに和合してできているもので、本来はすべて空なのだと説く。
その思想を五輪塔で表現したのである。
卒塔婆にその「五大」を表すつぎのような「党字」を書く場合もある。
キヤカラグアアm円(空)、気(風)、Z(火)、苛(水)、烈(地)法事のときに塔婆を立てるのは、先にも言ったように、仏を供養して故人の追善にしようというもので、法事の読経のときは祭壇に立てかけておき、墓参りをしたときに墓の背後に立てる。
板塔婆には、追善の対象とする故人の戒名、回忌などが、菩提寺の僧侶の手で、筆で書かれる。
施主ばかりで・なく、縁故者も申し込むととが多く、法事のその場で申し出ても間に合わないことがあるため、施主は塔婆を供養したい人を事前にまとめて、菩提寺に連絡しておくのがふつうだ。

 

家族葬でお見送りをしたい。無駄を省いてゆっくりとお別れをしたい。費用はできる限りおさえたい。お葬式のことはわからないけど、公共斎場で葬儀をすることが出来ると聞いた。どうすれば公共斎場で葬儀ができるのか知りたい。大阪 阿倍野にある総合葬儀式場のやすらぎ天空館で葬儀をお考えならやすらぎ天空館をご覧下さい。