家族葬でお見送りをしたい。無駄を省いてゆっくりとお別れをしたい。費用はできる限りおさえたい。お葬式のことはわからないけど、公共斎場で葬儀をすることが出来ると聞いた。どうすれば公共斎場で葬儀ができるのか知りたい。大阪 阿倍野にある総合葬儀式場のやすらぎ天空館で葬儀をお考えならやすらぎ天空館をご覧下さい。

半通夜が一般的

通夜の本来の意味は、故人が生き返ってほしいとの願いを込めて、身近な人たちが生前と同じように最後の夜を一緒に過ごすというものです。
昔は、遺族だけが集まり、遺体に悪霊が入り込まないように徹夜でつきそい、線香やろうそくの灯りを絶やさないようにしました。
今は、午後6時ごろから読経と焼香を行い、弔問客に通夜ぶるまいをする「半通夜」が一般的です。
一昼間のお葬式よりも参列しやすいので、一般弔問客が通夜に集中する傾向があります。

事前に確認すること

通夜が始まる前に次のことを確認しておきます。
口受付係、会計係受付開始時間や、終了後の香典の処理について。
口供花・供物並べ方、名前に間違いがないか。
口席順祭壇に向かって右側に喪主、遺族、血縁の濃い近親者の順に、左側に弔問客がすわる。
口会葬礼状、返礼晶数に不足がないか。
口通夜ぶるまいの料理不足しそうな場合は、追加できるものは何か。
通夜 受付

僧侶を迎えて打ち合わせをする

僧侶が到着したら、着替えなどができる控え室に案内します。
喪主があいさつをして、茶菓でもてなし、通夜の式次第の打ち合わせを行います。
このときに、通夜で法話や説教があるか、通夜ぶるまいを受けてもらえるか確認します。

通夜を執り行う

喪主、遺族、親族は通夜の開始日分前には着席して、僧侶の入場を待ちます。
僧侶の読経のあと、喪主、遺族、弔問客の順に焼香を行います。
弔問客の黙礼に対しては、遺族はすわったままで礼を返してかまいません。
弔問客の焼香がすべて終わり、僧侶が退場して通夜の式次第は終了します。

喪主のあいさつ

僧侶の退場後、喪主があいさつをする場合は、弔問のお礼と故人がお世話になったことへの感謝を述べ、通夜ぶるまいの席への案内をします。

喪主あいさつ

僧侶にお礼をする

喪主は、控え室で僧侶にあいさつをし、翌日のお葬式の時間などを確認します。
通夜ぶるまいの席が整ったら、上座に案内します。
僧侶が通夜ぶるまいを受けない場合は「御膳料」と「御車代」を差し出します。
通夜の「御布施」は、お葬式のあとに渡すお布施と一括して渡すのが一般的です。

通夜ぶるまいを行う

通夜ぶるまいの席は、食事をしながら故人を偲んでもらうという供養の意味もありますが、弔問へのお礼として設けます。
自宅でのお葬式が一般的だったころは、近所の人が炊き出しを手伝い、料理を持ち寄って、夜遅くまでの酒宴になることもありました。
最近は式場を借りていることもあり、仕出しの料理を注文し、1~2時間で切り上げることが多いようです。
料理は、以前は精進料理でしたが、今は寿司、サンドイッチ、オードブルなどが一般的です。
通夜ぶるまい終了の予定時間がきたら、喪主あるいは親族代表があいさっしてお聞きとなります。
滞りなく通夜を執り行うことができたお礼を述べ、翌日のお葬式の案内をします。

 

Q&A

Q;焼香の仕方にはどのようなものがありますか?

A;焼香の作法には宗派によって違いがあります。
一般的には、焼香台の前で一礼、喪主、遺族にも黙礼をして、抹香を人さし指、中指、親指でつまんでおしいただき、香炉にくべます。
これを1~3回繰り返します。
合掌し、下がって一礼。
遺族にも一礼して席に一戻リます。
会場の都合で香炉を回す「回し焼香」を行うこともあります。

 

Q;数珠にはどんな意昧があるのですか?

A;数珠は念珠ともいい、仏を拝んだり、読経の数を数えたりと仏教徒の象徴として、いろいろな使い方をされてきました。
仏式の通夜やお葬式、法要でお参りをするときに用います。
宗派によって種類や使い方に違いがありますが、自分の家の宗派のものでかまいません。

 

Q;法話と説教はどう遣うのですか?

A;法話は仏の教えや功徳などをわかりやすく話すこと。
説教は経典や教義について説明することです。

 

Q;「御膳料」と「御車代」はどのように渡せばいいですか。また、金額の目安はありますか?

A;いずれも白い封筒に「御膳料」「御車代」と上書きします。

金額は、御膳料が1万円くらい、御車代は5000円~1万円くらいです。

 

Q;通夜のあと、遺族がしなければならないことは?

A;受付と会計係から香典を引き継ぎ、通夜ぶるまいとは別に食事を出してねぎらいます。
また、夜通し線香の火を絶やさないようにして、故人のそばに付き添います。
喪主は、お葬式のために早めに休むようにしましょう。

 

 

 

家族葬でお見送りをしたい。無駄を省いてゆっくりとお別れをしたい。費用はできる限りおさえたい。お葬式のことはわからないけど、公共斎場で葬儀をすることが出来ると聞いた。どうすれば公共斎場で葬儀ができるのか知りたい。大阪 阿倍野にある総合葬儀式場のやすらぎ天空館で葬儀をお考えならやすらぎ天空館をご覧下さい。